媚薬の歴史

媚薬は惚れ薬とも呼ばれ、西洋では魔女が恋愛感情を沸き立たせるために使った飲料として伝わっています。水やワイン、ハーブなどで作られ、人間は古代から媚薬の恩恵を受けようと利用しています。世界中の一般的な家庭にまで浸透していましたが、キリスト教が普及すると魔女の産物に嫌悪感を感じる人が出ました。12世紀には両シチリア島を治めていたノルマン王国のロジャー2世が媚薬の使用を禁止しました。効果の有無に関わらず悪魔の道具である媚薬の使用は処罰に値するものとなりました。その後ヨーロッパ全土で製造や使用を禁止する法律が出され、破った物は投獄や拷問、死刑など厳しい罰が加えられています。しかし媚薬を作る魔術師は絶えることなく、中世ヨーロッパでは再び人気を集めるようになりました。ヨーロッパのグリモアには最高の媚薬のレシピが載っています。グリモアとは魔術の指南書のことで、様々なグリモアに好きな人の食べ物や飲み物に混ぜることで、愛や性欲の虜にできると書かれています。これらのレシピには普段の料理では使わないものや、時には人間の体の一部、血液など恐ろしい材料を用意するように指示しています。ヨーロッパ以外でもアメリカのインディアンではビーバーの睾丸を粉末にして、お守りにすると愛や性欲を増幅させられると媚薬の一つとして使っていました。現代で媚薬と呼んでいるものは、精力を増強するなどの効果がほとんどです。原料も天然のハーブや世界的に安全と認められた成分などで、科学的に根拠がある商品が多いです。一方で、科学的に効果が証明されていない商品もインターネット通販を通して流通しているので、購入する時は信頼できるものを選びます。

■媚薬と一緒に見てみよう
ラブグラで回数よりも質を高めよう
■免疫の低下や真菌の感染症の治療には
膣に潤いを保つならフォルカンで!
■彼氏や夫にオススメしたい性的興奮を高める薬
シアリス 通販