前へ
次へ

鍼灸治療は自分でも意外と可能

鍼灸治療というのは基本的にはどこかしらは具体的に患部がある状態で行うということが多いです。つまりは、肩こりであれば形にやるでしょうし、腰痛であれば腰のあたりをやるということになるわけですがこれが大前提ではあります。しかし鍼灸治療は西洋医学の発想をしているものではありませんので、例えば目が痛いからという理由で首元に鍼をしたり、内臓でもその内臓が近くにあるところに打つというわけではないことも多いです。ちなみに自分で鍼をするということは自分自身にするのは一向に問題ないです。自分にできる鍼灸治療はということでいろいろと本が出ていたりしますし、道具なども購入する事は一切許可なくできるようになっていますので自分でやってみるというのも一つの手ではあります。但し、当たり前ですが人にやることはできないです。またできるところも当然背中などはできない理由で足などにやるというのが多いです。その時によく打たれるのが足三里です。ここが大体色々な疲れに効くとされています。

Page Top